BG身辺警護人

BG身辺警護人の続編ドラマのキャストやあらすじまとめ

bg2

スポンサーリンク


bg2

BG身辺警護人の続編ドラマが2020年4月期にスタートします!

前回のBG身辺警護人もかなり面白く人気ドラマだったので、今回の続編も期待大ですね!

それでは今回の続編のドラマキャストやあらすじはどんな感じなのでしょうか?

BG身辺警護人の続編ドラマのキャストやあらすじをまとめました。



BG身辺警護人の続編ドラマのキャスト

キャスト① 木村拓哉

島崎 章(しまざき・あきら)役

日ノ出警備保障で勤務するボディーガードのプロ。

今回日ノ出警備保障がIT系企業のKICKS CORPに買収されてしまい、KICKSガードどなり、政財界のVIP警護に方向転換する。

そんな会社の露骨な利益優先の経営に嫌気がさして、章(木村拓哉)は会社を飛び出してフリーの立場となる。

自らの警護人としての原点である、「弱き者を護る」事に立ち戻る章。

そしてフリーとなって、味方もいない、仲間もいない現状から、新たに身辺警護人としての挑戦をスタートさせる。

キャスト② 斎籐工

高梨 雅也(たかなし・まさや)役

元自衛官で日ノ出警備保障で勤務し、現在はKICKSガードでボディーガードをしている。

日ノ出警備保障では、章に否定的な姿勢を見せていたが、本心では章を認めていて信頼を寄せている。

キャスト③ 菜々緒

菅沼まゆ 役

日ノ出警備保障で章と共に働いていた、運動神経抜群のボディーガード。

現在は、KICKSガード勤務。

クールで男を上から目線で見る所があるが、以前男にだまされて金を失った経験がある。

キャスト④ 間宮祥太朗

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

今夜9時 「BG〜身辺警護人〜」

shotaro_mamiya(@shotaro_mamiya)がシェアした投稿 –

上のInstagramは、2年前の前回の『BG身辺警護人』のモノです。

沢口 正太郞(さわぐち・せいたろう)役

同じく日ノ出警備保障で章と共に働いていた。

就活に失敗し、唯一の内定の会社が日ノ出警備保障だった。

軽いノリで、しばしば菅沼まゆから突っ込まれることしばしば。

現在はKICKSガード勤務しながらも、密かに章にいろいろ情報を提供している。

キャスト⑤ 勝村政信

小俣 健三(おまた・けんぞう)役

現KICKSガードの課長で、村田課長(上川隆也)の後任。

警視庁警護課の出身で、KICKSガード社長には服従の姿勢を見せる。

キャスト⑥ 市川実日子

白山総合病院の整形外科医。

KICKSガードとなった今でも身辺警護課のメンバーの担当医で、

キャスト⑦ 仲村トオル

劉 光明(りゅう・こうめい)役

日ノ出警備保障を買収したKICKS CORPの社長。

中国人と日本人の両親を持ち、卓越した経営手腕を持つ。

会社としての利益追求の為には、利益率の高い政財界のVIPのボディーガードをメインで行う事を推し進める。

表向きは紳士的だが、人命についても銭金勘定を優先させたりする。

会社から出て行った章に対しては否定的。

キャスト⑦ 道枝駿佑

中島 小次郎 役

章が日ノ出警備保障を飛び出しフリーになり創設した事務所の一階にあるカフェ『ジャンクション』でアルバイトしている大学生。

物おじしない性格で、章に感じた事を、時に上から目線で言うことも…

大学での専攻が情報工学なので、章の事務所のウエブサイトを作りましょう!といきなり言い出したりして、どんどん章に近づいて行ったりする。

スポンサーリンク

BG身辺警護人の続編ドラマの概要

  • 放送局   テレビ朝日系列
  • 放送時間  午後9:00~9:54
  • ドラマスタート 4月16日(木)
  • 出演キャスト 木村拓哉菜々緒斎藤工、間宮祥太朗、仲村トオル勝村政信、市川実日子
  • 脚本家  井上由美子
  • 井上由美子・過去作品
    BG〜身辺警護人〜、シャーロック、営業部長 吉良奈津子、緊急取調室、エンジン
    白い巨塔
    (2003年フジテレビ)、GOOD LUCK!!ギフト

 

BG身辺警護人の続編ドラマのあらすじ

以前は有名サッカー選手のボディーガードをしていた島崎章(木村拓哉)は日ノ出警備保障の身辺警護課に配属していた。

しかしその後、民間警備会社である日ノ出警備保障はKICKS CORPに買収されてしまう。

そして会社名も、KICKSガードと名前を変える事に…

 

章(あきら)は、利益を追求し過ぎる会社に疑問を感じ、ボディーガードとは何なのかを自問し始める。

そして章は会社を飛び出して、フリーな立場でボディーガードの仕事に取り組み始める。

 

そんな章に、高梨雅也(斎籐工)は何故組織を出るのか、その理由を確かめようとする。

高梨にとっては章は、やはり心の中では尊敬している思いがあったので、章の真意を確かめたかったという思いがあった。

 

一方、以前の仲間である菅沼まゆ(菜々緒)沢口正太郎(間宮祥太朗)らは新会社KICKSガードに残りつつ、フリーとなった章と関わって行く。

スタイリッシュでありながら、懸命にボディーガードの仕事に向き合う章の熱い人間味溢れる姿を木村拓哉が熱演する。



スポンサーリンク