アリバイ崩し承ります

アリバイ崩し承ります第3話のあらすじネタバレや感想まとめ

alikuzu3

スポンサーリンク


alikuzu3

アリバイ崩し承ります3話の放送がありました。

3話はアリバイ探しの回という新たな展開で、今回も面白かったです!

気になるあらすじネタバレはどんな感じだったのでしょうか?

アリバイ崩し承ります第3話のあらすじネタバレや感想についてまとめてみました。



アリバイ崩し承ります第3話のあらすじネタバレ

~アリバイ崩し承ります第3話のあらすじネタバレ はじまり~

河谷ピアノ教室で事件が起こり、捜査一課の刑事である渡海(成田凌)や管理官の察時(安田顕)、そして検視官の樋口(柄本時生)などが駆けつけていた。

ピアノを教えている河谷敏子がピアノの横で、仰向けになって頭部から血を流して倒れていた。

死亡推定時刻は死体発見前日の午前9時から昼の12時までとの検視の結果だった。

その日はピアノレッスンの定休日だという事だった。

察時は現時点では事件の手がかりがないと捜査一課の面々に言った所、誰か後ろに居ると気付いた…

そこには、時乃(浜辺美波)がキョトンと立っていた。

何してるんだ!という察時の声に、事件に興味津々の時乃はその場しのぎ的に腕時計の出張クリーニングに来たと言ってしまう。

いつも助かる~と良いながら那野県警本部長の綿貫や時乃にメロメロな渡海ら捜査一課の面々は、喜び勇んで腕時計を外しながら時乃に群がる。

そんな事してるヒマないだろ!とその動きを制しようとする察時に、事務員の高杉カレン(是永瞳)は「お客様が来ました!」と伝えるのだが、時乃を見てカレンまでもが腕時計を差し出そうとしてしまう…

そのお客様とは、今回の事件の被害者、河谷敏子の知り合いのマッサージ店店主・芝田和之(木村了)であった。

芝田から詳しい話しを聞く察時と渡海、そして離れた所で腕時計のクリーニングをしながら聞き耳を立てる時乃。

被害者の河谷敏子はこのマッサージ店・里楽贅処(りらくぜいしょ)の常連で、おととい(殺害された日)の午前中も店を訪れていた。

そして午前10時から11時までの1時間コースのマッサージを受けたという事だった。

また敏子は自転車で店を訪れていたので、そこから自宅までは20分はかかる事から、死亡推定時刻は午前11時20分から正午12時までと範囲が狭められた。

さらに芝田より、被害者の妹の河谷純子(橋下マナミ)と両親から相続した土地・建物の件で揉めているという話を聞く。

被害者である姉の敏子は家を売りたいが、妹の純子は家に愛着があり売るのは反対していて、今でもその家に住んでいるという事だった。

 

渡海と察時は早速、被害者の妹である純子(橋本マナミ)の住む家を訪れる。

そして純子に、被害者の死亡推定時刻であるおとといの午前9時から正午までのアリバイを尋ねる。

すると純子は寝ていたという。

仕事はクラブに勤めているので、朝の4時頃に寝て昼頃起きる生活をしているのだが、その日は起きたのが夜中の零時だったと言うのだった。

20時間も眠ってしまったという事になり、あり得ないと察時と渡海。

その事を証明できるアリバイを尋ねるも、純子は答えられない。

すると純子は自分が姉を殺してしまったかもしれないと言い出した。

というのも、純子には夢遊病の発作があって動き回った可能性があり、起きた時パジャマの袖が血で真っ赤だったという事だった。

 

那野警察署に戻った渡海は純子が犯人の可能性が高いと結論付けてしまうが、察時は純子が20時間も眠っていたという事に納得がいかない。

 

そう思いながら察時は美谷時計店に帰宅すると、時乃に20時間も眠っていたのはおかしいと思わないか?と聞かれ、つい同意してしまう。

時乃は渡海から事件について大部分は聞いて知っていた。

そして時乃は、「アリバイ探し始めました!」という張り紙を持って話を聞かせて欲しいと願い出た。

そうして察時は独自に捜査を始め、マッサージ店の芝田に話を聞きに行った時の事を話し始める。

被害者の敏子は午前10時に来店し、最初の30分は芝田が、その後20分は新人が担当し、ラスト10分は再度芝田が担当し、その後11時からは諸井という客のマッサージをしたとの事だった。

そして察時は諸井という客にも裏を取りに行くと、確かに11時から芝田のマッサージを受けたという事だった。

更に芝田の奥さんは裕福な家庭で、店の開業資金も奥さんの実家から出して貰っているので頭が上がらないという情報も入手した。

なので、被害者の敏子と芝田が深い仲になり、奥さんと別れる事を要求されたとしたら、犯行の動機はあるのではと察時は推察する。

これまでの話を聞いて時乃は、時を戻せました、純子さんのアリバイ探せました、ついでに犯人も分かりました!と笑顔で言い放つ。

時乃の推理は推理する…

純子が寝る前にワインを飲み、それ以外には何も口にしていない事から、ワインに睡眠薬が入っていたのは明らか。

純子の家に入れる唯一の人物、それは姉の敏子で、犯人は敏子を共犯者として利用し、その後裏切って殺害したと時乃は推理した。

事件の前日に芝田は敏子から借りた鍵で純子の家に忍び込み、睡眠薬入りのワインとすり替えた。

そして帰宅した純子がワインを飲んで眠ったらベッドから運び出し、敏子の家まで運んで敏子に純子の化粧をさせた。

敏子に犯行が成功したら一緒になる!と嘘を言って犯行に加担させ、午前9時過ぎにピアノ教室で敏子を殺害する。

そして9時40分に眠っている純子をマッサージ店の台にのせ、新人の田川が出社してくる頃にはもう仕事をしてるフリをしてマッサージし、田川に20分だけ交代する。

マッサージはうつぶせで行うので、純子を敏子だと思わせる事に成功した。

ラスト10分は純子をマッサージ台の下に隠して、10分後に「ありがとうございました!」と敏子が帰った様に挨拶して、敏子が帰ったと思わせた。

店には受付の人というのは通常いないので、それが功を奏した。

この辺りも、時乃は実際に芝田のマッサージを受ける事で(察時の支払いで)チェックしていた。

 

その後、純子を自宅まで運び、化粧を落としてベッドに寝かせた。

その際に、敏子の殺害時の血を付けたパジャマを着せて、夢遊病の発作を起こしたと思わせた。

 

それから察時は検視官の樋口(柄本時生)と共に芝田の店を訪れ、時乃の推理を自分の推理として披露する。

芝田にはただの憶測だと否定されるが、マッサージ台の下から検視官の樋口が出てきて、指紋を検出していた。

この指紋を純子の指紋と照合すれば、決定的な証拠になる!と察時が迫ると、遂に芝田は認めて観念するのだった。

 

それから署に戻った察時を、指紋の一致が証拠となり芝田が自白した。

犯行の動機も察時が指摘した通りだった。

鮮やかな察時の推理に、何故一日で解決にたどり着けるのかと渡海は疑問を投げかける。

察時は言う…

それは経験の違いだよ!と。

そして察時はキャメル色のコートを手に取り、颯爽とカッコ良く着て、署を後にする…

つもりが、片手が上手く入らず、ぎこちない格好で着て去って行くのだった。

~アリバイ崩し承ります第3話のあらすじネタバレ おわり~

スポンサーリンク

アリバイ崩し承ります第3話の感想

アリバイ崩し承りますの3話も安定の面白さでしたね♡

今回はアリバイ探しを始めたみたいで、それにより純子氏の嫌疑が晴れました。

いつもは察時からのアリバイ崩しのお願いを受けていた時乃でしたが、今回の3話では自分からアリバイ探しをさせて欲しいという申し出がありました。

これまでとは違い主体的に動いた時乃に、言われも無い容疑を掛けられていた純子を助けたいという思いが感じられて、ちょっと熱くなりました。

にしても、今回は時乃の、というか浜辺美波さんの顔マッサージなどのサービスカットもあり、さらに楽しめたのではないでしょうか?

そして安定のNY、じゃなく入浴シーンもありましたし…

ん?

入浴と言えば、ゆるキャン△のドラマでも前々回くらいに入浴シーンがありました♡

やっぱり、寒い冬は入浴ですよね!!

「アリバイ崩し承ります」の次話でも、是非NYシーンを期待してじゃなくて

時乃の鮮やかなアリバイ崩しと、それを我が事の様に披露する察時のドヤ顔と

ラストのカッコ良く着られないコートシーンを楽しみにして待ちたいと思います。

ではでは!



スポンサーリンク