ケイジとケンジ

ケイジとケンジ第3話のあらすじネタバレや感想まとめ

keijitokenji3

スポンサーリンク


keijitokenji3

ケイジとケンジ3話の放送がありました。

今回は、更にテンポが出てきて面白かったですね。

気になるあらすじネタバレはどんな感じなのでしょうか?

そこで今回は、ケイジとケンジ第3話のあらすじネタバレや感想についてまとめてみました。



ケイジとケンジ第3話のあらすじネタバレ

~ケイジとケンジ第3話のあらすじネタバレ はじまり~

とあるバーで男性オーナーの赤松という男が刺殺されるという事件が起こった。

横浜桜木署の刑事である仲井戸豪太(桐谷健太)は現場に駆けつける。

鑑定の結果、死後3日から5日経っているという事だった。

そしてその事件の担当検事となった真島修平(東出昌大)にとっては、検事になって5年目にして初めての殺人事件であったので、事件に取り組む意気込みも並々ならないものがあった。

そして捜査一課が担当するこの事件に、刑事課の豪太も課の仲間と一緒にこの捜査に参加していく。

それから捜査が進み、一人の疑わしい人物が容疑者として上がって来た。

運送会社勤務の瀬川大介(薬丸翔)というその男は取り調べで、バーの事件があった当日にバーに行ったという事も、そしてバーの店主と口論になったという事も認めてしまう。

状況的には瀬川は疑わしいのだが、犯行を行った事については否認し、犯行を裏付ける証拠でもある凶器も発見出来ないでいた。

ただ元町百貨店の紙袋を抱いて歩く様子が町の監視カメラに写っていた。

ただその紙袋の場所を問われると、ゴミ箱に捨てたと言い張るのだった。

そして豪太を除く刑事課の面々はゴミ収集所まで行って、その紙袋を見つけようとするのだが…

瀬川の取り調べの間の休憩時間に、豪太は瀬川と話しをする為に潜り込んでいた。

そして豪太は瀬川のスマホを見ながら、色々写真を撮っているのを発見し、瀬川の隣で写る女性を見をつける。

その女性の素性を尋ねると、ガールズバーのらぶりんという店に勤めているミクということを聞きつけた。

最も疑わしい人物が早々には見つかったのだが、その後捜査は特に進展もなく暗礁に乗り上げてしまう。

この状況に焦る、事件の担当課である捜査一課。

そこで「落としの長さん」として課内でも知られる捜査一課長の見城長一郎(池田成志)は、逮捕許可が出れば瀬川を逮捕し取り調べて、凶器のある場所を自白させ落としてみせると真島検事に詰め寄る。

しかし真島は、起訴出来る物的証拠が発見出来てからだと頑なに拒否するのだった。

そんな真島検事と捜査一課との緊迫したやりとりがある中、仲井戸豪太(桐谷健太)はとあるガールズバーに熱心に通い始める。

というのも、瀬川から聞いたガールズバーらぶりんのミクという女の子に話しを聞くためだった。

ミクの本名は三浦舞(古畑星夏)と言う名前で、瀬川の事は知らないと言い張るのだった。

捜査が進まない捜査一課は焦り、真島検事に瀬川の逮捕を許可出来る様に妹の仲井戸みなみ(比嘉愛未)を使って言わせようと豪太に言い寄ってきた。

すると豪太はその申し出を快諾してしまい、妹みなみに伝えるのだが、妹には呆れられてしまう。

そんな中、瀬川はバー店長の赤松からお金50万円を借りていて、返さないと会社に乗り込むと言われていたという新情報が入ってきた。

騒然とする一同だったが、豪太は真島に逮捕するのかどうするのか詰め寄る。

そして、とうとう真島検事は瀬川逮捕を許可してしまうのだった。

それから瀬川は逮捕され、取り調べが始まった。

「落としの長さん」の取り調べが続いているが、依然として瀬川は口を割らない。

刑事課の面々は、なかなか自白が取れないでいる長さんにひややか。

そうして豪太は自分が取り調べをやります!と言い出す始末だった。

真島検事の方も状況は切迫していて、このまま状況が変わらなければ勾留延長の許可は出来ないと、樫村部長検事(柳葉俊郎)に釘をさされる。

そうして豪太はガールズバーで働く三浦舞が呼ばれ、豪太が話しを聞いていた。

後から、真島検事とみなみも加わってきた。

三浦舞は瀬川と交際関係にあり、瀬川をかばっているのではないか?

それは瀬川の為にはならない!

そう真島は問いただし、三浦舞は瀬川が包丁で刺してしまったと言っていたと自白し、聞いた包丁の場所を話し始める…

それから犯行に使用されたと思われる血のついた包丁が見つかり、瀬川は起訴され、事件は解決の方向へ進むのだった。

~ケイジとケンジ第3話のあらすじネタバレ おわり~

スポンサーリンク

ケイジとケンジ第3話の感想

ケイジとケンジ第3話のみなさんの感想を見ていると、いろいろ取り沙汰されていても、ドラマはドラマとして見て楽しむというツイートもよく見かけました。

まぁ、ドラマ自体には罪は無いので、純粋に楽しみたいものです。

真島検事(東出昌大)と仲井戸豪太(桐谷健太)とのやりとりも、仕事場以外の居酒屋でも見られて来ましたね。

プライベートでは少しづつ距離を縮めながらも、仕事では侃々諤々にやり合うというのがこのケイジとケンジの面白さの一つだと思います。

検察と警察は勿論違い、警察は捜査を行い物的証拠を挙げ、被疑者は検察に送られ、検察官がその物的証拠等で起訴出来るかどうかを判断する。

警察や検察に知り合いがいないので、このドラマの様に警察官が検察官に頭が上がらないというのが実際あるのかどうかは分かりません。

でも頭があがらないとされる筈の警察官である豪太(桐谷健太)が真島検事にズバズバ言うというのは、ちょっと爽快感がありますね!

でいて、豪太は熱く、ちょっとハチャメチャ感があるので、いろいろしでかすので、やっぱ面白いですね!

ドラマはやはり、からっと面白いのが一番ですね!!

ケイジとケンジ第3話 のゲストとしては、 瀬川大介役に薬丸翔さんが出演されました。

薬丸翔さんは、薬丸裕英さんと石川秀美さんのご長男です。

言われてみれば、目元がお母さん似かもしれませんね!

さてさて、ケイジとケンジの次話はだれがゲスト出演するのでしょうか?

次回のケイジとケンジも注目していきたいと思います。



スポンサーリンク