ケイジとケンジ

ケイジとケンジ第6話のあらすじネタバレや感想まとめ

keijitokenji6

スポンサーリンク


keijitokenji6

ケイジとケンジ6話の放送が終わりました。

6話は刑事課の紅一点の毛利ひかる刑事が多く紹介されましたね!

肝心のあらすじネタバレはどうなったのでしょうか?

ケイジとケンジ第6話のあらすじネタバレや感想についてまとめてみました。



ケイジとケンジ第6話のあらすじネタバレ

~ケイジとケンジ第6話のあらすじネタバレ はじまり~

横浜桜木署の毛利ひかる(今田美桜)はサッパリした性格で恋愛には余り縁がなかったが、今日は合コンという事で女らしい格好で参加していた。

が、男子がスキーに行くのに車をぶっ飛ばしたというだけでスピード違反でアウト!と強く言ってしまい…

合コンは上手く行かず、やはり男には縁の無いひかる刑事だった。

 

そんな合コンから落胆しながら家に帰ろうとしていたら、両目の周りがピンク色の塗料で塗られている男を見つける。

コンビニ強盗が入っているのを知っていたので、その犯人を取り押さえる毛利刑事。

その犯人の名前は半田(長谷川朝晴)。

取り調べも難なく終わり、横浜地方検察庁みなと支部に送検する毛利ひかる刑事。

犯人の早期逮捕と早期送検でお手柄のひかる刑事を賞賛する刑事課の面々だった。

そして居酒屋でお手柄を祝して、一席設ける刑事課の面々。

落ち込むひかるに、豪太はもう少し可愛く「逮捕しちゃうぞ」と言ってみたら?とアドバイスするのだった。

 

検察に送検された半田容疑者のみなと支部での担当は真島修平(東出昌大)

早速起訴の準備を進める真島は、半田二郎容疑者の件を報告する。

しかし部長検事の樫村武男(柳葉敏郎)はその調書を見て疑問を呈する。

一郎という兄が居て、その兄・一郎を何故調べないのかと真島に問う。

そして、コンビニを襲ったのは単独犯ではなく、兄一郎と二郎との共犯の可能性もあると捜査のミスに気付きツメが甘いと真島に激高する部長検事の樫村。

部長検事の樫村に言われた通りの文言で真島は、桜木署のひかる刑事に電話する。

再度、兄一郎を探して捜査するとひかる刑事。

捜査は一転、再捜査と振り出しに戻ってしまう。

至急再捜査を始めるひかる刑事。

そうして、ひかる刑事と目黒元気(磯村勇斗)は半田の運転免許証のデータを確認してみると…

半田一郎と半田二郎の免許証があり、同じ顔写真が貼付されている。

しかし、逮捕された半田とは似ても似つかないぽっちゃり顔の半田二郎の免許証もあり…

真相は、逮捕されたのは兄の半田一郎、弟の二郎になりすまして免許証の交付を受けたという事だった。

車の免許が切れてしまい、仕事をするのに不都合だから弟の二郎になりすまし、消費者金融でも金を借りていた事も自供する。

真島検事は、弟の二郎になりすましてもすぐにバレてしまうので、一郎は二郎が帰ってこないと思っている、つまり二郎はこの世には居ないのではないかと主張するが…

ひかる刑事は、二郎はまだ生きているのではと言い、仲井戸みなみ(比嘉愛未)もそれに同意する。

 

そうして刑事課の面々は、半田一郎の実家を捜査する。

すると台所の床にルミノール反応があり、血痕が見つかってしまう。

 

そうして刑事課に捜査一課の面々がやってきて共同捜査が始まる。

二郎を床下に埋めたのではないかと考える真島に対し、ひかるはまだ二郎は生きていると考えていて、真島の考えに異論を差し挟む。

そんなひかるに思いを寄せる目黒の事を考え、ひかるの捜査の補佐をしてやれ!と言い、上司の多胡係長を差し置いて捜査の陣頭指揮をとってしまう豪太であった。

ひかると目黒は二郎の写真を見せて、知っている人を見つけようと捜査を続ける。

一方、豪太ら刑事課の面々は床下を掘っていて、遂に手がかりを見つける。

それはタイムカプセルで、「30年後のぼくたちへ」という手紙だった。

 

そうして、ひかると目黒も聞き込みから、川のガード下にいる二郎を発見するのだった。

真島は、樫村部長検事にしかられるとへこみつつも、一郎に起訴する事を伝える。

そして、実家の床下から出たタイムカプセルにあった「30年後のぼくたちへ」という手紙の事を知らせる。

みなみは一郎の前で、その手紙を読む。

手紙には30年前の自分が30年後の自分に宛てた手紙で、夢溢れる素晴らしい人生を送っていることを願うという内容だった。

幼き頃の夢や希望溢れる未来を回想し、涙ぐむ一郎。

みなと支部にやって来た二郎とばったり出会い、何やってんだ!と声を掛けられる。

そして二郎に「兄貴、家に帰って来いよ!」と言われ

「お前も帰って来いよ!」と返す一郎だった。

~ケイジとケンジ第6話のあらすじネタバレ おわり~

スポンサーリンク

ケイジとケンジ第6話の感想

~ケイジとケンジ第6話のツイッターでもみなさんの感想

ケイジとケンジの6話、ラストはちょっとうるっとしましたが、今回は毛利ひかる刑事がほぼメインの回でした。

この6話になって、ドラマとしてのテンポも出てきて、更に面白くなってきてますね!

例えば、樫村部長検事(柳葉敏郎)と桜木署署長の大貫誠一郎(風間杜夫)との突っ込みあいなど、豪太や真島、みなみ意外でもキャラクターが立ってきていて、純粋に楽しいですね!

最近の刑事モノドラマは妙に病理的というか、病的な「事件」が多く、見ていて疲れます。

しかし、ケイジとケンジは豪太役の桐谷健太さんがやっぱ面白いので真島やみなみとのやりとりもコメディータッチで見てて楽しいです。

6話ではひかると目黒と近づいてきて恋の雰囲気をにおわせ、署長と部長検事の突っ込み合いも参入してきて、更に面白くなりそうですね!

ケイジとケンジのドラマも終盤に差し掛かり、次話もまた注目して行きたいと思います。



スポンサーリンク