ケイジとケンジ

ケイジとケンジ7話のあらすじネタバレや感想まとめ

keijitokenji7

スポンサーリンク


keijitokenji7

ケイジとケンジ7話の放送がありました。

7話でも豪太は熱かったですね!

それでは気になるあらすじネタバレはどうだったのでしょうか?

ケイジとケンジ7話のあらすじネタバレや感想についてまとめてみました。



ケイジとケンジ7話のあらすじネタバレ

~ケイジとケンジ7話のあらすじネタバレ はじまり~

大学生の江島陸(永田崇人)が夜、友人達から集団暴行を受けて、全身打撲の上に足を骨折するという事件が起った。

早速この事件の捜査を開始する豪太たち。

容疑者として浮上してきたのは、専門学生の黛 友之(今井悠貴)、フリーターの宮前 幸介(柾木玲弥)、そして会社員の久保田 明(濱正悟)の3人

この3人は江島と同じ高校のサッカー部の先輩・後輩の間柄だった。

被害者の江島に誰が骨折させたかを聞いても、気を失っていたので覚えていないという。

 

これまでの事件の概要をホワイトボードにまとめて、豪太は刑事課の面々に説明している。

被害者江島の彼女である小山きらは久保田の元カノだったので、久保田がそれに恨みを持って二人と共に犯行に及んだとみる豪太。

しかし豪太は久保田の取り調べを外され、一番下っ端の黛の担当となってしまう。

 

主犯格と見られている久保田を桂二郎が取り調べ、目黒が宮前を取り調べ始めた。

そうして豪太は元教師という事も有り、黛に例の熱血指導を併せた取り調べを始める。

すると専門学生で被害者江島の後輩である黛が、先輩の久保田に指示されたので犯行に及んだ事を自白する。

残りの2人は犯行は否認したが犯行現場に居たことは認め、3人は横浜地方検察庁みなと支部に送検された。

 

みなと支部では、量刑を決めるのに3人の誰が主犯かという事が議論になる。

江島の足を骨折させたのは誰かという事を判明させる為に、3人に一人ずつ検事が取り調べを行うことに。

真島修平(東出昌大)は会社員の久保田を、日下直樹(渋谷謙人)はフリーターの宮前を、そして持丸栄(峯村リエ)は専門学生の黛を担当する事が決まる。

 

真島は久保田の取り調べを始めた。

被害者の江島を骨折をさせたのは久保田だと問い詰めるも、宮前が江島をボコボコにしようと言い出したと証言する。

あくまで宮前と黛がやったと言う久保田に、君が主犯だ!と断言する真島検事。

 

また、日下直樹(渋谷謙人)はフリーターの宮前の取り調べを始めた。

被害者江島に大けがを負わせたのは宮前だろう!という日下に、彼女を取られたのは久保田なので、自分ではないと言い張る宮前。

そうして日下は宮前がヌンチャクで大根を切り裂く動画を差し出す。

江島の足にある棒状の傷の写真も見せて、こういうヌンチャクみたいなもので殴打するとそういう傷になる事から、犯行の主犯は宮前だと日下は結論づけた。

 

そうして持丸栄(峯村リエ)は専門学生の黛を取り調べ始める。

黛は、江島が元カノに手を出したのでボコりに行くのでついて来いと久保田に言われたと証言する。

江島の足を骨折させたのは誰と聞かれて、宮前が乱暴でヌンチャクを持っていたのは見たことがあると言うのだった。

 

その頃、毛利ひかる刑事(今田美桜)は病院に入院していた被害者の江島のもとをが訪れていた。

病室の手前まで行くと、江島の見舞いに来ていた彼女の小山きら(森高愛)と江島が話す声が聞こえてきた。

病室の手前で聴いていると、彼女がいきなり別れを切り出して…

二人は別れてしまう。

 

3人の容疑者を取り調べた検察官と豪太たちは、全員で捜査に関する打ち合わせをしていた。

真島検事は久保田を、日下検事は宮前をそれぞれ主犯格だと主張した。

というのも、自分が取り調べしている容疑者が主犯だと法廷に立てる為、おのおのの検察官は担当容疑者が主犯格だと半ば希望的観測も含めて思っているのだった。

ただ一人それに加わらない持丸検事は、黛は先輩二人に強く言われたので逆らえなかったという証言を持ち出すが、豪太はそういう被害者ヅラした黛が一番怪しいと断言する。

何故?と聞かれて、それは元教師の勘だ!と言い張る豪太。

しかし、日下は「ヌンチャクを探して!目白さん!」と、目黒に要求してきた。

 

一方、目黒刑事(磯村勇斗)は毛利ひかると仕事終わりで夕食を店で食べていた。

目黒はひかるに思いを寄せていたので、ひかるの結婚願望について質問する。

すると、ひかるは結婚願望はあるが職場恋愛は最終手段だ!と言い切って、電車の時間が迫っているのでと走り去っていく。

その姿を見送りつつ、目黒は「おやすみ!」と手を振る。

その様子を、運悪く豪太とみなみに見つかってしまった。

めぐちゃん(目黒)がひかるに思いを寄せていたのを知っていた豪太は二人が付き合っていると言い出し、同調するみなみ。

そうして交際を否定する目黒だが、「見てもうたんやもん、にゃ~」と声を合わせる仲井戸姉妹。

そして豪太は一人で盛り上がり、交際を上司に報告する義務があると言い出す始末。

課内恋愛となれば、どちらかが飛ばされるとも言い出す豪太。

そんな事になってもイヤだし、そして自分の思いをひかるに知られたくない目黒はその報告を止める為に…

結婚前提で付き合っている!」と口からでまかせを言ってしまう。

結婚するなら報告する義務はない!という事で何とか二人は思い留まるのだった。

 

真島は桂刑事と、日下は目黒と打ち合わせをしているが大きな展開はない。

そして、持丸検事は豪太と黛に関する打ち合わせをしていた。

黛は江島の彼女の小山きらのファンだったとの証言を持丸検事に伝える。

そして、黛のスイカの記録から関内に行ってみた豪太は、防犯カメラの映像からあるミリタリーショップを訪れる。

そこで黛の写真を店主に見せると、帽子にマスクをした黛が特殊警棒を事件の三日前に買って行ったという証言を得た。

特殊警棒であれば、江島の足の傷と合致する。

また被害者の江島と小山きらが付き合っていた事を最初に知ったのも黛で、きらが好きだったので江島に嫉妬していた可能性もあると持丸検事。

 

そして持丸検事は黛の取り調べを開始する。

持丸は自分の見立てを披露する。

江島と小山が付き合っている事を宮前に言えば久保田に伝わり、久保田がキレて江島をボコりに行くという事を予想できた黛は、二人を利用した。

そして3人で帰るときに、スマホを忘れたと言って一人犯行現場に戻り、隠し持っていた特殊警棒を江島の足に振り下ろし犯行に及んだ…

その推理を聴いた黛は、唇を噛みしめていた。

それから黛の証言通り、付近の川から犯行に使われた特殊警棒が見つかり、黛に一つ罪が追加された形となった。

~ケイジとケンジ7話のあらすじネタバレ おわり~

スポンサーリンク

ケイジとケンジ7話の感想

~ケイジとケンジ 7話のみなさんの感想

ケイジとケンジ7話も安定の面白さでした!

ここに来てテンポも上がってきて、かなり笑えましたね!

個人的には、めぐちゃん(目黒刑事)がひかるに手を振っておやすみと言うシーン。

運悪く仲井戸兄弟に見つかってしまい、豪太が案の定波風を立ててしまうところです。

本来なら、二人が付き合っているならば、そっとしておいてあげればいいのですが

まだ付き合っていない!とめぐちゃんが言っているのに、付き合っていると勘違いする豪太とみなみ。

やはり兄弟は似ていますね(笑)

そしてめぐちゃん的には、自分がひかるを好きだという事は本人には知られたくないのに、豪太は上司に報告する義務があるとか言い出します(笑)

更にめんどくさそうな、大ごとになっていってるので、この場を収める為に結婚前提で付き合ってるという壮大なウソを言ってしまいます(笑)

恐らく、この壮大さが来週の最終章でいい感じで作用して、ひかるとの展開が大きく変わるのではないかと予想しています。

というか、めぐちゃんにも幸せをゲットして貰いたいものです!

さてさて、せっかく面白く、いいテンポになってきたのに最終章ですか?

残念ですが、来週も精いっぱいケイジとケンジを楽しみたいと思います!!



スポンサーリンク