恋はつづくよどこまでも

恋はつづくよどこまでもの6話あらすじネタバレや感想まとめ

koi_tsudu6

スポンサーリンク


koi_tsudu6

恋はつづくよどこまでも6話の放送がありました!

今回の6話では恋の大きな展開がありますます面白くなってきましたね。

気になるあらすじネタバレはどうだったのでしょうか?

今回は、恋はつづくよどこまでもの6話あらすじネタバレや感想についてまとめてみました。



恋はつづくよどこまでもの6話あらすじネタバレ

~恋はつづくよどこまでもの6話あらすじネタバレ はじまり~

佐倉七瀬(上白石萌音)が循環器内科のシフトで日曜日にお願い!と言われた時、天堂(佐藤健)がやって来て、その日は空けといて欲しいと言う。

そして、「七瀬とメシ食うんで、俺の彼女だから!」とみんなの居る前で天堂は言って、そのまま部屋を出て行った。

「勇者、良かったね!」とみんなから祝福される七瀬。

部屋から出て行く天堂を見送りながら、急にドアが開いて女性が入ってきた。

その女性は、天堂の元恋人で8年前に天に召された若林みのり(連佛美沙子)そっくりの女性・若林みおりだった。

みおりはみのりの妹で、今は医師となっている。

その女性の顔が余りにもみのりに似ていたので、天堂は衝撃を受け、一瞬固まってしまう。

 

そして七瀬と天堂が食事をするという休日に、急に天堂に大阪でのセミナー講師の話が来てしまう。

そのセミナーは天堂の恩師からの指名なので、断れない天堂。

そして天堂は、712号室の和田さんの病状を来生(毎熊克哉)に聞いて気にしつつも、大阪へと向かう。

そのセミナーには若林みおりも参加するという事で、天堂とみおりの二人に何かあるかもと気が気でない七瀬は、こっそり大阪まで付いて行くのだった。

大阪に着いた天堂が歩いていると、若林みおりも同便だった様で二人でセミナー会場まで歩く。

天堂を追って来ていた七瀬は歩いていると、道ばたで何か探しものをしている男性を見つける。

堤さんというその人は財布を落とした様で、その財布を一緒に探す七瀬。

すると突然堤さんは胸を押さえて、発作で倒れてしまう。

七瀬はマフラーを枕がわりに敷いて、救急車を呼び応急処置を始める。

懸命に応急処置を行う七瀬に、声を掛ける男性が…

見上げるとそこに天堂が居た!

天堂が心臓マッサージをしていると救急車が到着し、一緒に乗り込もうとして七瀬に言う。

「お前も一緒に乗れ!」

天堂は会食の予定をキャンセルして、大阪と言えばたこ焼き!という事で、たこ焼きをつまむ。

そうして今日泊まる所も決めていなかった七瀬は、天堂と同じホテルの同じ部屋に泊まることに…

舞い上がる七瀬だったが、天堂は疲れてもう寝てしまっていた…

そうして七瀬も眠りにつく。

そんな七瀬は寝てしまい、その寝顔を見て優しく微笑み、そっと七瀬の唇にキスをする天堂であった。

 

翌朝起きてみると、天堂の姿はなく、先に行ってるのでお前も来い!というメモが置いてあった。

飛び起きてセミナー会場に到着し、何とか天堂の登壇に間に合う七瀬。

天堂の講演が一通り終わり、質疑応答の時間となる。

ある参加者が医者にとって大切なものとは?と質問すると、天堂はこう答える。

「医者は患者と戦っていると思っていたが、違っていた。医者は負けてもその代償を払うのは患者。医者はその負債を返すべく、医者は全ての病気に全身全霊で立ち向かう」

 

そんな折、循環器内科の酒井結華(吉川愛)は和田という患者の担当となり、その対応をしていた。

和田は元看護師であったのでいちいち厳しく、それの厳しさが自分の母親を思い出させ、結華は苦手意識を抱いていた。

天堂と七瀬が病院に戻ると、和田さんの容体が急変する。

緊急オペが、天堂と来生、そしてみおりによって開始され、そのオペに七瀬も加わる。

手術は成功し、眠る和田さんの元に酒井結華がタオルをそっと袂に置いておくと…

和田さんが目を覚まし、「ありがとう!」と酒井の腕にそっと手をかけるのだった。

厳しかった和田さんが見せた感謝の心に、厳しかった自らの母の面影を重ね振り返って涙ぐむ結華

 

それからみおりは天堂の机の上にあった姉・みのりと天堂が写った写真を見ていた。

そこに天堂が現われて、みおりは姉の事を天堂が大切に思っていてくれた事に感謝を伝える。

また今日共に手術に加わって、天堂は素晴らしい医者だと感じたと伝え、そして同時に天堂が好きになったと…

そのみおりの話す声を、部屋の外で七瀬は聞いてしまう。

走ってそこから立ち去る七瀬。

そして七瀬はいつもの東京スカイツリーが見える公園のベンチで、夜一人座って一杯やってしまう。

そこに来生先生が現われる。

七瀬は自分はみおりに比べて天堂には不釣り合いだと自分を卑下し、自信をなくした発言をしていく。

その落ち込んだ七瀬を見て、来生は「俺がいるから!」と抱きしめるのだった。

~恋はつづくよどこまでもの5話あらすじネタバレ おわり~

スポンサーリンク

恋はつづくよどこまでもの6話の感想

恋はつづくよどこまでもの6話の皆さんの感想がツイッター上でも多くツイートされていましたので幾つかご紹介させて貰いました。

6話では前回のラストで現われた若林みのりにそっくりの女性は、やはり姉妹でしたね!

そしてこの妹の若林みおりが、これから日浦総合病院に勤務する事になりました。

またみおりは、天堂の事が好きになったと宣言し、これから天堂先生、来生先生、みおり先生、七瀬と四角関係がスタートするのでしょうか?

来生先生の事を思っている酒井結華も入れたら、五角関係ですかね??

ただ幾らみのりに似ているからと言って、妹のみおりを天堂先生が選ぶというオチはこれから先の展開としては興ざめなので、無いと予想しています。

一番良いのが、天堂先生と七瀬、来生先生と酒井結華、そして流子と琉星が結ばれるのがベストエンディングなのではないでしょうか

まぁ6話にしていきなりそういう風に収束する訳にはいかないので、このドラマの真ん中である6話くらいで紆余曲折して、ラストに行くのでしょう。

という事は、今は中盤なので暫くは色々割り込みとかは入ってくるのではないでしょうか?

にしても、天堂先生のキスは動画がツイッターでもかなりアップされてました。

男の私でも、あのキスは反則だとは思います、ハイ。

何かの時に備えて、その動画見て勉強しようと思います(笑)

なので、次話の恋つづも見逃せませんね♡



スポンサーリンク