恋はつづくよどこまでも

恋はつづくよどこまでも9話のあらすじネタバレと感想まとめ

koi_tsudu9

スポンサーリンク


koi_tsudu9

恋はつづくよどこまでも9話の放送がありました。

9話はついに七瀬と天堂が結ばれたのでしょうか!?

それでは、気になるあらすじネタバレはどうだったのでしょうか?

恋はつづくよどこまでも9話のあらすじネタバレと感想をまとめてみました。



恋はつづくよどこまでも9話のあらすじネタバレ

~恋はつづくよどこまでも9話のあらすじネタバレ はじまり~

佐倉七瀬(上白石萌音)は日浦総合病院を去ってから、鹿児島の中沢医院で看護師の仕事を続けていた。

そこに七瀬を探しに天堂浬(佐藤健)がやってきて、電話している七瀬を後ろからそっと抱きしめて来た。

驚いた七瀬は、自分の家族に天堂を紹介する。

 

七瀬の実家では、天堂をみんなで迎えていた。

東京から来た天堂を七瀬の家族は結婚の挨拶だと勘違いしてしまう。

とは言え、七瀬はよく考えたら天堂から好きだ!という言葉を言って貰っていない事に気付き、天堂の本当の気持ちはどうなのか?と思い始める。

 

天堂浬(佐藤健)が、鹿児島で七瀬を見つけたという知らせは姉の流子(香里奈)に伝わり、その情報を日浦総合病院の副院長の小石川六郎(山本耕史)に直接伝えた。

そして、以前六郎が病院で働いてみてはという誘いを正式に断った流子は、仁志琉星(渡邊圭祐)を年下の彼氏として紹介する。

 

そして、夜七瀬と天堂が並んで歩いて帰っていると中沢医院にはまだ灯りがついていた。

院内に入ってみると、院長の中沢が倒れていた。

七瀬は勤務する医院の院長である中沢(モロ師岡)の医師としての姿勢に感銘を受ける。

そしてもう一度日浦総合病院で患者の命を救う看護師の仕事をしようと心に決めるのだった。

 

それから、七瀬の家に帰ると、お母さんが布団を敷いてくれていた。

が、七瀬と天堂の二人なのに、布団は一つしかなかった。

「後はよしなに~」とお母さんは立ち去って行った。

布団は一つなので、天堂が座布団を枕にして寝ていると、側に七瀬がやってきて、結局二人で眠るのだった。

 

それから七瀬は日浦総合病院を訪れ、循環器内科のメンバーに陳謝する七瀬。

一瞬無視されたが、それはネタで、みんなは温かく迎えてくれた。

そして七瀬の実家に天堂が行っていた事もみんな知っていて、何か無いわけ無いよね!とみんなに言われたが、ホントに何もなかった事にショックを受ける七瀬。

 

それからまた日浦総合病院での忙しい日々が訪れる。

しかし、天堂が自分に好きだ!という気持ちを言ってくれない事に不安な気持ちになる七瀬。

なので先輩の沼津(昴生)に、自分の友人の話として、付き合って長いのに彼氏と何もない理由を聞いてみた。

すると沼津は、魅力を感じていないか、めちゃくちゃ大事に思っているかのどちらかだと言われる。

そう言われた七瀬は、歩いている天堂を呼び止め、今夜クリーム祭をするので部屋に来て欲しいと誘うのだった。

 

すると天堂が夜七瀬の部屋にやってきた。

ドアを開ける七瀬は、黒いドレッシーな格好をして色っぽく装ってみる七瀬。

そして部屋にもキャンドルを置き、ムーディーな感じを演出してみる。

自分には色気が無いのか?と言う七瀬に、天堂は「どれだけ我慢してると思ってるんだ!」とベッドに誘い、深いキスをして…

と良いところで、姉の流子と犬猿の仲であった筈の結城沙世子(片瀬那奈)が酔っ払って入って来て、仲直りしたとか言って盛り上がっている。

天堂と七瀬は急いで離れ、念願のアレはぶちこわしだった。

 

天堂と七瀬が一緒に歩いて出勤していたら、ある車がスピードを出していて、その先に居た小学生やサラリーマンや女性達につっこみそうなのを目撃する。

それに気付いていない人を天堂と七瀬は突き飛ばして、最悪の状況を避ける事が出来た。

しかし、その先では数人の人たちが倒れていた。

その介抱を天堂と七瀬が行い、天堂は元カノが亡くなった事を思い出し、七瀬に休む様に言うも、七瀬は自分は看護師なので人を助けたいという。

二人の懸命の処置の甲斐あって、倒れていた人も救急車で運ばれ大事には至らなかった。

その様子を見て安心した七瀬は、気を失って倒れてしまう。

 

緊急の手術は行われたが、七瀬の意識は戻らない。

七瀬に寄り添う天堂。

その様子を見て、涙を流してしまう同期の酒井結華(吉川愛)

涙する結華を慰める来生。

自分の仕事終わりにも七瀬のベッドに赴き、じっと手を握る天堂。

そして一睡もせず七瀬の元に寄り添っていた。

 

天堂の右頬を朝日が照らして、夜が明けて朝になる。

すると、七瀬はふと目を開けた。

声を掛けると、自分が事故に遭った事を思い出す七瀬。

そして入院していた患者のオペの事や事故に遭った人々の事を先に心配して、天堂に大丈夫だったと聞いて安堵する七瀬。

それを見て天堂は後ろを向いて、七瀬の良い所を幾つか上げ、そして七瀬に初めて好きだ!と告げた。

その言葉を聞いて嬉しいそうな七瀬は言葉を選んで言うのだった…

お腹が減りました!

~恋はつづくよどこまでも9話のあらすじネタバレ おわり~

スポンサーリンク

恋はつづくよどこまでも9話の感想まとめ

~恋はつづくよどこまでも9話のみなさんの感想~

恋はつづくよどこまでもの9話、かなり内容盛りだくさんでしたね!

七瀬が実家に天堂を連れて行って、そこでまだ天堂から好きだ!と言って貰えていない事に気付くのは前フリでした。

その用意した前フリに、天堂が普通に好きだ!と言っても、ちょっと普通過ぎます。

今回は七瀬が交通事故で歩行者を助けたが故に、不幸にも自分がケガを負ってしまいます。

懸命に看病した天堂の甲斐あって七瀬は目を覚ましますが、自分の事よりも入院していた患者さんや事故に遭った人々の事を思いやります。

そんな姿を見て、天堂はそんな七瀬に本当に感動したでしょうし、だから好きなんだ!とも思ったでしょう。

なので、その後に天堂の口から出た好きだ!という言葉は、全く自然に出た言葉だったと感じました。

七瀬の良い所を上げていって、最後に好きだ!と涙ながらに言う佐藤健さんの演技凄かったですね!

ちょっと涙してしまいました。

来週でラストはさみしいので、4月からも恋つづseason2をやりませんか?TBSさん!



スポンサーリンク