MIU404

MIU404のドラマあらすじ、キャストや主題歌まとめ

miu404

スポンサーリンク


miu404

MIU404が、2020年4月期のドラマとしていよいよスタートします。

綾野剛さんと星野源さんのWキャストで注目のドラマです。

それでは、あらすじやキャストはどうなっているのでしょうか?

MIU404のドラマあらすじ、キャストや主題歌についてまとめました。



MIU404のドラマあらすじ

警視庁でも働き方改革を目指して新しく創設されたという架空の部隊である「警視庁第4機動捜査隊」がドラマの舞台。

働き方改革という事で勤務時間は24時間以内。

その時間で解決できなければ他の課に捜査を引き継がなくてはならない。

この第4機捜に所属する志摩一未(しま・かずみ、星野源)は、社交的で観察力はあるが、自分を含め他人を信用しないという理性的な刑事。

ただ人事トラブルで相棒を見つけらずにいた。

その志摩と共に捜査にあたる人物として白羽の矢が立ったのは、伊吹藍(いぶき・あい、綾野剛)だった。

伊吹は、運動神経はあるが考えるよりも先に動いてしまう野性的な刑事であったが、交番の勤務経験しかなかった。

志摩はそんな伊吹に不安を感じ、どんな人物か探りを入れてみると、利点としては走るのが速いという事だけだった。

また様々な部署を短期間で移り変わっていて、当時の同僚の話では「彼について話したくない」とか「もう二度と顔を見たくない!」という声があり、不安になる志摩。

考えるよりも先に動いてしまう野性的な伊吹を理性的な志摩がどう手なずけて、働き方改革によって創設された第4機捜で24時間以内にどう事件を解決していくのか?

また対照的な二人は、いいバディーとなれるのか?

MIUとはMobile Investigative Unitの頭文字で、404とはこの二人の事を表すサイン。

働き方改革の部署である第4機捜。

24時間以内でMIU404の二人はどう事件を解決するのか…

MIU404の奮闘が始まる!

スポンサーリンク

MIU404のドラマキャスト

キャスト① 星野源

警視庁刑事部の第四機動捜査部に勤める志摩一未(しま・かずみ)を演じる。

志摩は社交的で観察力はあるが、自分を含め他人を信用しないという理性的な刑事。

キャスト② 綾野剛

運動神経はあるが考えるよりも先に動いてしまう野性的な刑事である伊吹藍(いぶき・あい)を演じる。

いろいろな部署を短期間で移ってきており、これまでは交番での勤務経験しかなかったが、今回志摩の相棒として選ばれた。

キャスト③ 麻生久美子

刑事部の第一機動隊と第四機動隊の隊長を務める桔梗ゆづる(ききょう・ゆずる)を演じる。

今まで機動隊は第一から第三までだったが、桔梗によって第四機動隊が新設された。

口は悪いが器の大きい性格で、女性初の隊長となった。

キャスト④ 岡田健史

第四機動隊に新たに配属されたキャリア警部補の九重世人(ここのえ・よひと)を演じる。

父親は警察庁の刑事局長。

エリート意識が強く、そういう言動も多い。

しかし、この第四機動隊に配属されて、周囲から触発され成長していく。

キャスト⑤ 橋本じゅん

第四機動隊のベテラン隊員である陣馬耕平(じんば・こうへい)を演じる。

桔梗が第一機動隊の隊長だった時に第一機動隊に招集された。

体育会系で腕力があり、ノミ二ケーションを勧めるが、若い隊員には引かれている。

キャスト⑥ 生瀬勝久

警視庁の刑事部長である我孫子豆治(あびこ・とうじ)を演じる。

桔梗とは馬が合わず、裏で桔梗に豆治という名前から「マメジ」と呼ばれている。

キャスト⑦ 渡邊圭祐

動画サイトで自らを「特派員REC」と称して、ニュースなどの解説動画を投稿し、PVを稼いで儲けようと狙っている。

キャスト⑧ 金井勇太

第一機動隊の中に桔梗が創設したスパイダー班の班長である糸巻貴志(いとまき・たかし)を演じる。

ネットの分析やSNS情報の分析や防犯カメラの分析を担当している。

MIU404のドラマ主題歌

MIU404のドラマ主題歌は、米津玄師さんの『感電』という曲になります。

脚本家・野木亜紀子さんのドラマ『アンナチュラル』以来のドラマ脚本家・主題歌タッグとなります。

今回のMIU404のドラマでも、米津玄師さんの曲が聴けるので、更に楽しみになりました!

ドラマはもちろんの事、主題歌も要チェックですね!

☞  春ドラマ2020年4月のおすすめ一覧と期待度ランキング



スポンサーリンク