らーめん才遊記

らーめん才遊記ドラマ3話のあらすじネタバレとみなさんの感想!

ramen

スポンサーリンク


ramen

らーめん才遊記ドラマ3話の放送がありました。

3話もやはり面白かったですね!

ところで、3話のあらすじネタバレはどうだったのでしょうか?

らーめん才遊記ドラマ3話のあらすじネタバレとみなさんの感想をまとめました。



らーめん才遊記ドラマ3話のあらすじネタバレ

~らーめん才遊記ドラマ3話のあらすじネタバレ はじまり~

フードコンサルティング会社である株式会社清流企画の新入社員である汐見ゆとり(黒島結菜)

今回は会社に「つけ麺安西」の店からコンサルティング依頼が舞い込み、その電話を汐見が受けていた。

他の社員も手一杯という事もあり、この新規客は汐見が担当する事に…

早速その「つけ麺安西」の店を訪れる汐見。

 

「つけ麺安西」でつけ麺を味わうも、そこに店主の奧さんが帰ってきた。

しかも清流企画とはライバル会社にあたる味惑コーポレーションのフードコンサルタントである難波倫子(松井玲奈)を伴っていた。

というのも、奧さんが独自に依頼していたのだった。

そして汐見は難波倫子(松井玲奈)からは厳しい言葉を浴びせられる始末。

 

清流企画が営むらーめん店「らあめん清流房」は今日も人気で、開店から列が出来ている。

開店と同時に同じ様なスーツを着た女性らが一同に入店してきた。

そして、その後遅れて入ってきた女性に店主の芹沢達美(鈴木京香)は見覚えがあった。

それは有名料理研究家の橋爪ようこ(高畑淳子)で、汐見ゆとりの母だった。

そしてようこの一声でその女性一団らは試食を始め、個々にらーめんの麺やかんすい、スープの配合について見事に言い当てるのだった。

 

うなだれて汐見ゆとりが会社に帰社すると、そこにはゆとりの父親と母のようこが会社を訪れていた。

母のようこは、らーめんに対してジャンクフードというレッテルを貼り、ある意味馬鹿にした言い方をしている。

その母の言葉を聞いていたゆとりは、そう言う母を否定し、遂に「らーめんが自分の母親だ!」と言い出してしまう。

ここで社長の芹沢はふと気づいて、ゆとりに今日の新規客の営業結果を聞き始める。

すると、ライバル会社の担当者とゆとりのどちらにするかは店側が判断し、後日連絡するという内容を話す。

その件について、互いに言い争う芹沢とゆとり。

その言い争いを見ていた母ようこは高らかに笑いながら、会社を去って行った。

 

すると芹沢は汐見を呼びつけて、ライバル会社の味惑コーポレーションに乗り込んでいった。

そして芹沢はライバル会社の担当者と社長と面談し、難波と汐見のお互いのコンサルティング案のコンペを提案するのだった。

 

そうして汐見は、つけ麺安西の店周辺にある旨いと評判のつけ麺屋2店をはしごする。

その2店は、つけ麺激戦区にあって人気のつけ麺屋という事もあり評判通りの2店でその味に感動する汐見。

そして汐見は会社の厨房で新作つけ麺作りをスタートさせていた。

そこに社長の芹沢がやってきて、汐見のコンサルの方針を質問する。

すると、汐見はその有名2店のつけ麺屋を超えるつけ麺を作ると宣言する。

その答えを聞いて、芹沢はやっぱり!という顔をして、会社を出て行く。

 

それから遂にコンサルのコンペの当日となる。

つけ麺安西の夫婦に、オブザーバーとしてらーめん評論家の有栖(石塚英彦)も同席といあいなった。

 

そしてライバル会社の担当者である難波倫子が出してきたのは、とんこつラーメンを出してきた。

そして、つけ麺屋を辞めてとんこつらーめんに模様替えを提案した来たのだった。

というのも、この周囲にはつけ麺の激戦区で、とんこつらーめん専門店が一店もないので、その潜在ニーズがあるのではないかというコンサルティングプランだった。

その提案に全然ワクワクしない!と言った汐見は、つけ麺を出してくる。

濃厚なとんこつに激辛スープを合わせて、砂肝などのモツ、血豆腐などを入れた手の込んだつけ麺だった。

そして麺にも春雨を混ぜて、食感の違いも楽しめるつけ麺に仕上がっていた。

味自体に感動する面々。

そうして、店のオーナーが下した決断は、難波倫子の出したとんこつラーメンだった。

 

オーナーはこのつけ麺が自分の腕では再現出来ないし、つけ麺激戦区の中にあっては、初めての客はこの手の込んだつけ麺ではなく、一般的な無難なつけ麺を選ぶのではないかという考えからだった。

そして、血豆腐の血を使った食材に抵抗を覚える客がいるかもという事だった。

 

そこに、芹沢の携帯に電話があり、部長の河上と北区でとんこつらーめんを営む久保さんが入ってきた。

この久保さんの店の周辺はとんこつらーめんの激戦区で、安西さんのつけ麺とレシピ交換をしようというもので、この提案は芹沢社長自身のものだった。

安西の店周辺で市場調査をしていた難波に、芹沢が持ちかけたのだった。

 

そうして芹沢は細かい契約を河上部長に任せ、汐見と会社に戻っている。

そこで、芹沢は「料理が美味しいだけでは、店は成功しない」と言う。

そして、「客は情報を食べている!

汐見の新作つけ麺は斬新ではあるが、それは成功するかもしれないし、失敗するかもしれない。

「そういうプランは、コンサルを手がける店ではやるべきでない!」

そう言った芹沢は、落ち込んだ汐見の顔を見て、ハイテンションで去って行った。

~らーめん才遊記ドラマ3話のあらすじネタバレ おわり~

スポンサーリンク

らーめん才遊記ドラマ3話のみなさんの感想!

~らーめん才遊記ドラマ3話のみなさんの感想~

らーめん才遊記ドラマ3話も、期待の面白さでした。

つけ麺屋のコンサルに、とんこつらーめんのレシピ交換というコンサルは意外でしたね!

ラストの芹沢社長の言葉

料理が美味しいだけでは、店は成功しない

客は情報を食べている!

はなかなか含蓄のある言葉でした。

次話もますます期待ですね!



スポンサーリンク