シロでもクロでもない世界でパンダは笑う

シロでもクロでもない世界でパンダは笑う2話のネタバレと見逃し動画情報

shirokuro-panda2

スポンサーリンク


shirokuro-panda2

シロでもクロでもない世界でパンダは笑うのドラマ第2話が放送されました。

前回に引き続き、2話も面白かったです。

気になる2話のあらすじはどうだったのでしょうか?

今回は、シロでもクロでもない世界でパンダは笑う2話のネタバレ見逃し動画情報をお送りしたいと思います。



見逃したという方のご参考になれば幸いです。

シロでもクロでもない世界でパンダは笑う2話のあらすじネタバレ

~シロでもクロでもない世界でパンダは笑う2話のネタバレはじまり~

森島直輝(横浜流星)は初めて川田レン(清野菜名)に出会った時に

「私を ここから出して!」という、レンの心の叫び声を聞いた事を思い出していた。

この言葉の本当の意味は何なのだろうか?と思案する直輝。

直輝は大学でベンチに腰掛けて居ると、友人たちにこっちに向かって手を振ってる人が居ると教えて貰ったので振り向いて見ると、レンが木陰から手を振っていた。

レンに近づこうと歩いて行く直輝。

そこで急に悲鳴が聞こえ、直輝達は事件に遭遇する。

「何でオレを落とした?」と言った男がナイフを東京誠立大学の学長に突きつけ、そのまま刺してしまう。

逃げ惑う学生達。

そしてその男はレンを見つけ、「お前もコネで入ったのか?」と告げ…

この事件の背後には、学長の息子である岸本俊一の受験の成績がネットに流出し、その点数が合格基準点に満たなかった事から、不正入学の疑惑があった事だった。

刺した犯人は三浪中で、それが不満だったのではと言われている様子。

そうして学長の事件の会見を副学長が行ったが、その会見で不正入学があった事を副学長は認めてしまった。

それから直輝にまた、Mr.コンプライアンス[=佐島源造](佐藤二朗)から、この不正入学事件に「シロクロを付けて下さい!」と依頼が舞い込む。

レンはバイトに遅刻して急いでやって来た。

コーヒーを作る為にライターで火をつけ、ふとその炎を見つめていると…

燃えさかる炎の中に姉が居て、焼けた柱の様なモノが頭上から落ちてきて叫ぶ姉の姿を見て、レンは床に崩れ落ちてしまった。

大丈夫かと心配して寄り添う、レンの親代わりである喫茶店店主の春男(升毅)や佳恵(椿鬼奴)

「お姉ちゃんが燃えて…」と言うレンに、心配の眼差しの春男。

そうして帰宅したレンは、立てかけている母との写真を見ている。

その写真は母に向かって右の人物が黒く塗りつぶされていて、「リコ、ごめんね、私だけが生きてて」とレンは泣きながら、その写真を抱きしめるのだった。

そして直輝もいつもの様にトレーニングをしながら、山中で白骨化した遺体で発見された父の事を思い起こしていた。

父の遺体のそばから見つかったモノは、恐らく死ぬ前に飲み込んだのではないかというモノで、直輝が幼い頃に父からプレゼントして貰ったパンダのぬいぐるみの右目にはめ込んでみると一致した。

するとその時、右目の奥にはUSBメモリーが入っていて、開いて見てみると3つの動画ファイルがあった。

動画の一つ目は、コアラのマスクを付けた人物が女子学生に向かって銃を突きつけ、「この子の命が欲しければ、1億円用意しろ!」というものだった。

二つ目の動画は、佐島議員( Mr.コンプライアンス 、佐藤二朗)が誘拐犯に向かって、「娘を帰して下さい!お願いします!」と何度も連呼して床にひざまづいて土下座しているニュース映像だった。

それから直輝は、いつもの喫茶店でレンにパンケーキのシロップをかけてあげミスパンダへの覚醒を促していた。

そうしてミスパンダは、東京誠立大学の不正入学の第三者委員会に突如登場する。

その委員会には、元文部科学省の事務次官の柳本も居た。

そこで、この不正入学の真犯人としてレンはある人物を指さした。

理由は、犯人顔というもので、あざ笑う柳本たち。

そしてレンは、さっとその場を立ち去る。

直輝はとある高級料理店へ入っていく。

そこには、恋人の佐島あずさ(白石聖)と彼女の父親である佐島源造(佐藤二朗)が着席していて、既に食事を始めていた。

「君は あずさを守るには頼りない」と源造に言われ、あずさを守るときっぱりと答える直輝。

そこで急にコアラ男の事件を口にする直輝に、その話を拒否するあずさ。

というのも、あずさは昔コアラ男に誘拐され、幸いにも何とか家族の元に戻ってこられていたのだった。

東京誠立大学学長の息子で、今回の不正入学の疑惑で矢面に立たされている俊一は、全日テレビを信頼してその取材に応じたが、放送された内容は一部が切り取られて使われていて、逆に世間の批判を増幅する様な内容だった。

俊一は原因は父にあると考え、昏睡状態で病院のベッドに眠る父の元を訪れてその首に手をかけて…

それから副学長の池渕と元文部事務次官の柳本(渡辺裕之)は、学長の岸本は息子に首を絞められて命を落としたという電話を受けて、二人のもくろみが成功した事を喜んでいた。

そして会見を開き、岸本学長が何人かの生徒の不正入学を手助けしていたと発表すると、会見会場は暗転し、ミスパンダがプロジェクターに登場する。

会見場は騒然となり、プロジェクターには柳本の娘が合コンに参加している様子が映し出された。

その合コンで柳本の娘は、自分の父親は元文科省の事務次官なので、父親に言えばどんな大学にも入れる、そして偉い人の子供を好きな大学に入れてあげていると言い切ってしまう。

慌てて会見を中止し部屋に逃げ込んだ柳本と副学長の池渕は、お互いを責めはじめ仲違いを始める。

そして柳本に学長になれると言われ、岸本学長の不正入学をねつ造しネットに公開した事、柳本は不正入学でお金儲けをしたかったという事を、背もたれイスに座っていたミスパンダに聞かれてしまう。

そこに車イスの岸本学長と息子の俊一が現われ、その模様・言動は全て会見場のプロジェクターに映し出され、全マスコミの知る所となった。

それからミスパンダは退散する。

その後ドアが開き、マスコミがどっとその部屋になだれ込んできて、事件の真犯人である柳本と池渕をマスコミのカメラが追い詰めて、事件の真相を世に知らしめて行くのであった。

レンの働く喫茶店には、夜だというのにレンのかかりつけの医師である門田(山崎樹範)が訪れて、店主の春男と話をしていた。

「お姉ちゃんが燃えた」とレンが言っていた事を春男は門田に伝える。

すると門田はレンに別の力が加わっている可能性を感じ、些細な事でも変化があれば知らせてくれる様に春男に依頼する。

レンの母親である麻衣子(山口紗弥加)は、病院に入院していた。

私にはもう一人娘がいたと言って、麻衣子は立てかけていた写真を手に取り、自分の向かって左側にいる黒く塗られた人物を指で擦りながら言う…

「ほんと~、リコが死んでくれて良かった~」

その母の言葉を病室の入り口で聞いていたレン。

幼い頃の記憶が蘇る。

母ともう一人の少女が仲むつまじく食卓で食事をするのを横目に、 檻に閉じ込められた少女は母から投げられたバナナを檻から手を伸ばしつかみ、隔離されて一人そのバナナを食事としている-そんな記憶だった。

レンはその痛い記憶を思い出し、病室には入らず振り返って帰って行く…

~シロでもクロでもない世界でパンダは笑う2話のネタバレ終わり~

スポンサーリンク

シロでもクロでもない世界でパンダは笑う 第2話の感想

シロでもクロでもない世界でパンダは笑うの第2話放送終わりました。

今回は、レンの幼い頃の記憶が少し明らかになってきました。

おそらくレンの双子の姉はリコで、何らかの事故または事件により炎に包まれて亡くなったのではないかと予想しました。

檻に入れられて居るのはレンで、何か理由があって檻に入れられているのでしょう。

母はそんなレンを邪険に扱い、そんな姿を姉のリコは不憫に思っていたのではないでしょうか?

また直輝にも秘密があり、警視庁の巡査長だった父親が白骨化した遺体で見つかったという過去が明らかになりました。

その父は何かから守るかの様に、パンダの右目にUSBメモリーを残したのかもしれません。

動画は三つあり、残り三つ目の動画はどういう内容なのか?

そうなるの父の死は事件となり、誰が父を殺したのか?それは何故なのか?

次回以降明らかになると思いますので、次回も注目していきたいと思います。

シロでもクロでもない世界でパンダは笑う2話の見逃し動画情報

シロでもクロでもない世界でパンダは笑う2話の見逃し動画をHuluで見る

シロでもクロでもない世界でパンダは笑うの第2話を見逃したという方は、見逃し動画がHuluで見られます。

Huluは見逃し配信動画でもかなり有名で利用している方も多いと思います。

メリット
・2週間無料お試し期間
・月額で1,026円(税込み)
・CMが入らないのでサクッと見られる
・ドラマ以外にも映画、アニメ、バラエティーが見放題

 シロでもクロでもない世界でパンダは笑う
第2話の見逃し動画をHuluで見る



スポンサーリンク