シロでもクロでもない世界でパンダは笑う

シロでもクロでもない世界でパンダは笑う4話のネタバレと感想まとめ

shirokuro-panda4

スポンサーリンク


shirokuro-panda4

シロでもクロでもない世界でパンダは笑うのドラマ4話の放送がありました!

今回はリコの新たな情報も出てきましたね。

気になるあらすじ・ネタバレはどうだったのでしょうか?

シロでもクロでもない世界でパンダは笑う4話のネタバレと感想についてまとめてみました。



シロでもクロでもない世界でパンダは笑う 第4話のネタバレ

~シロでもクロでもない世界でパンダは笑う第4話のネタバレ はじまり~

直輝(横浜流星)はリコ(清野菜名)のかかり付け精神医である門田( 山崎樹範 )の元を訪ねていた。

そして一つ尋ねたい事があると言って、こう切り出す。

「川田レンは、レンじゃないですよね!」

門田の反応を見て更に確信したと直輝は言い、門田は話し始める。

門田は、リコの母親である川田麻衣子(山口紗弥加)から昔よく相談を受けていて、一緒にリコやレンも来ていた。

リコは門田の話を聞くのが好きで、「先生にお願いしたら、別の人になれるんでしょ?どんな人にもなれるの?」と小さな手で門田の手をつかみ聞いてきたという。

その内、リコは非行に走って手がつけられないとの理由で、 母・麻衣子に連れ立って病院に来るのはレンだけになる

それから、あのバンガローの放火事件が起きた。

何とか命を取り留めた「レン」が病院に運ばれてきて、母・麻衣子も「レン」が無事で良かったと泣きながら付き添っていた。

門田はリコが無くなったと聞かされていたが、リコからレンが無くなったとその後聞かされる。

リコは母に聞かれた時にリコだとは言えなかった、何故なら母が生きて欲しかったのは可愛がっていたレンだから。

レンになれば母親に愛して貰える、だから私をレンにして下さい!

そうする事は法的にも倫理的にも許されたない事だとは重々承知の上、あの親子を救う為には致し方なかったと門田は言う。

しかし直輝は、本当に親子を救う為にリコに催眠を掛けたのかを問いかける。

そこで今度は門田から逆に聞かれる

お前こそ彼女に何をしてるんだ?」

そんなある時、中学3年生の翔太が同級生の涼介を人質にとり要求をぶつけるという騒動が巻き起こる。

翔太は涼介にいじめられていたが、学校の対応はいじめがなかった事にしようとした。

その事にシロクロ付ける為に、ミスパンダを呼ばないと涼介を繋いだロープを切ってしまうぞ!という要求だった。

その現場を同じ中学に通っている、囲碁喫茶GOBAN常連の東山楓(吉田美月喜)が偶然目撃し、その動画を直ちにミスパンダチャンネルに送る。

大学での授業中にその動画を見ていた直輝は急いで授業を抜け出し、Mr.ノーコンプライアンス(佐島源造、法務大臣)に連絡を取る。

しかしMr.ノーコンプライアンスの指示は、呼ばれたら出て行くという前例を作ってしまうと、先々の活動に支障をきたすので、この件にはノータッチでというものだった。

直輝は子供の命がかかっている、と食い下がるが、やはり返答はノー。

そこで直輝は「同じ事が言えますか?取引の道具に使われているのが、あなたの子供の命でも?」と聞き返すが、異論は認めない!との返答に口をづぐんでしまう。

そうして歩きながら直輝は、幼い頃の父の言葉を思い出していた。

「優しさは強さなんだ!困った人に助けてと言われたら直輝も助けに行くんだぞ、それが直輝を救う事にもなる!」

その言葉を思い出し、直輝はリコにメッセージを送り、パンケーキに誘うのだった。

喫茶GOBANからリコが出てみると、そこにかかり付け医の門田がいた。

門田は直輝と会うのはもう止める様に、そして直輝はリコに好意を寄せているのではなく、ただ利用してるだけだと話す。

その頃事件の起こった中学校では人質事件はまだ収まってはいなくて、依然翔太は涼介を人質にとっていた。

そして中学校のスクールカウンセラーの春香(谷村美月)が翔太に話しかけて、思いとどまらせようと説得を続けている。

その中学校に潜り込んだ全日テレビの佐島あずさ(白石聖)は、ADの伊藤と共にその様子を撮影しようとカメラを向けていた。

一方、喫茶店で直輝はリコを待っているのだが、リコは一向に現われない。

事は緊急自体…直輝が動く!

そして事件現場に小さなパンダのぬいぐるみが現われて、ミスパンダが問いかける。

実はその声は直輝が遠隔からマイクで話していて、その声をミスパンダの声に変換し、ぬいぐるみに仕掛けられたスピーカーを通してまるでミスパンダが話しているかの様に装ったのだった。

直輝の大学に忍び込んでいた全日テレビの神代(要潤)は、学生にメンタリストNの写真を見せて情報を嗅ぎ回っていた。

たまたま直輝をよく知る友人に出会い、ここだけの話を仕入れる事が出来ていた。

大学内で直輝の父親の事件動画を見ていると、門田に声を掛けられる。

森島直輝とミスパンダが一緒に居た所を目撃したと門田に話すも、その関係を否定されてしまう。

その頃、事件現場では翔太がこの事件に至るいきさつを話していた。

放課後、翔太の机の上にチアリーディング部のユニフォームが置いてあり、その匂いをつい嗅いでしまったら、その写真が誰かに撮られて送られて来たというものだった。

SNSで拡散されたくなければ1万円を机の中に入れる様に!という要求がエスカレートし、死ぬしかないという思いから教室から飛び降りようとした。

幸い自殺未遂に終わったが、その動画がネットでアップされ世間で噂になる。

しかし校長と教頭では事件を無かった事にされるので、ミスパンダを呼べばシロクロ付けてくれると思ったという事だった。

喫茶GOBANの前でリコはまだ門田先生に利用されてるだけだ!と説得にあっていた。

しかしリコは、それは直輝の役に立っているという事だから嬉しいと答え

自分の事を好きになって貰える様に頑張ります!と言い残してリコは立ち去って行った。

それから事件現場には本物のミスパンダが現われて、涼介を繋いでいた最後のロープを切ってしまう。

急いで助けにプールに入る翔太。

実はこれは自作自演だった。

翔太と涼介は小さい頃からの友達で、翔太の自殺未遂の後に涼介が自宅に行った際に、誰か別の人物が翔太をはめる為に写真をメールで送ったと二人は気付いたのだった。

そのはめた人物をおびき寄せる為に、翔太と涼介は今回の事件をでっち上げたという事だった。

で、そのはめた人物とは誰なのか?

メールを返信してみると、ある携帯がバイブで反応する。

その携帯の持主は?

顔認証で認証してみると…

それはスクールカウンセラーの春香先生のモノだった。

春香は自分の活躍の機会を作る為に、さまざまな事件を画策する。

その起きた事件の解決に自分が携わり、解決へ向けて動いている様を見せつける事で自分の存在価値を高めようという魂胆だったのだ。

やっと事件の犯人が分かり、翔太はミスパンダに感謝を伝える。

お前の為じゃない、自分の為だ。強くなって、お前が人を助けろ!

ぬいぐるみのパンダはそう言い、ミスパンダは立ち去っていた。

事件は解決し、中学校を出ようとしていたあずさにメールが送られて来る。

見ると写真が何枚かあり、その写真は図書館で直輝とリコが抱き合っている写真だった。

その写真を見て、失意の余り膝を落としてひれ伏してしまうあずさ。

人質事件はミスパンダの活躍によって解決し、その現場目撃者として東山楓がテレビでインタビューに答えていた。

そのテレビの様子を、Mr.ノーコンプライアンスこと佐島源造・法務大臣は自室で笑いながら見ていた。

「似なくて良いところまで似てきたねぇ~」

直輝が夜歩いていると、呼び止める声が聞こえてきて立ち止まって見てみると

そこに居たのは全日テレビの神代だった。

「ちょっと良い? 飼育員さん!

~シロでもクロでもない世界でパンダは笑う第4話のネタバレ おわり~

スポンサーリンク

シロでもクロでもない世界でパンダは笑う 第4話の感想

Mr.ノーコンプライアンスの娘がリコにそっくりなのは何故?

シロでもクロでもない世界でパンダは笑うの第4話も謎が少し明らかになって、面白かったです!

ちょっと気になるのが、直輝がMr.ノーコンプライアンスに事件で電話した際にノータッチだと言われて言った言葉で…

「同じ事が言えますか?取引の道具に使われているのが、あなたの子供の命でも?

という所で、Mr.ノーコンプライアンスこと佐島法務大臣の目が変わった事です。

その回想シーンに、佐島大臣の娘がコアラ男に誘拐された場面が出てきましたが、その誘拐された女子学生はリコとそっくりでした。

佐島大臣は笑ってはいましたが、何を言いたいのか!と直輝の意見を力業で封じ込めます。

佐島大臣と門田先生は何かお互いの利益の為に繋がっていて隠しているのではないか?と感じました。

何かこの辺りにもヒミツがありそうです。

なぜ神代は「飼育員さん!」というレンの直輝の呼び名を知ってたのか?

「飼育員さん!」という直輝の呼び名は、レンがミスパンダとなって直輝と二人きりの時にしか言わない言葉です。

なのでレンもこの言葉は、普段言われても分からないでしょう。

何故、全日テレビの神代が知っていたのか?

直輝の大学で神代は門田先生に会っているので、その時門田から神代に伝えられたのではと予想しています。

門田は精神科医ですし、この4話でレンに直輝から利用されているだけだと説得していたと言う事は、レンがミスパンダに変身している事を知っていたのでしょう。

なので門田がレンを診察する際、こっそりとミスパンダの記憶を蘇らせ、飼育員さんと言う言葉を聞いていたのではないでしょうか?

門田にとっては、ヒミツを嗅ぎ回る直輝は邪魔な存在です。

神代を使って直輝のヒミツを暴き、レンのヒミツを解き明かさない様にしようとしているでは?

このレンのヒミツは単にリコだったというだけでなく、佐島法務大臣=Mr.ノーコンプライアンスの娘のヒミツにも繋がっていると予想しています。さてさて、シロでもクロでもない世界でパンダは笑うの次話も注目ですね!

日テレドラマ

 

 



スポンサーリンク