シロでもクロでもない世界でパンダは笑う

シロでもクロでもない世界でパンダは笑う6話のネタバレと感想まとめ

shirokuro6

スポンサーリンク


shirokuro6

シロでもクロでもない世界でパンダは笑う6話の放送がありました。

6話も大どんでん返しの展開があった回でしたね!

気になるあらすじネタバレはどんな感じだったのでしょうか?

シロでもクロでもない世界でパンダは笑う6話のネタバレと感想についてまとめてみました。



シロでもクロでもない世界でパンダは笑う6話のネタバレ

~シロでもクロでもない世界でパンダは笑う6話のネタバレ はじまり~

ミスパンダ(清野菜名)は、浜口死刑囚の殺害の汚名を着せられてしまった。

その上、その際に使用されたナイフを何故かミスパンダが持ってきている。

そして、「飼育員さん」こと直輝(横浜流星)もまでが共犯者としてニュースでも取り上げられるなど、完全に二人ははめられた格好となっていた。

更にMr.ノーコンプライアンスこと佐島源造法務大臣からも電話があり、もうこれからは会う事も無いし、ミスパンダも「処分しておいてくれ!」と告げられてしまう。

またレン(清野菜名)も主治医の門田先生が亡くなった事を知り落ち込んでいた。

 

警視庁捜査一課長の山野辺龍彦(高橋ジョージ)は、庁内で「ハブとマングース」と言われている三津谷(高橋努)と坂下(江口のりこ)に何としてもミスパンダを逮捕するようにと強く指示していた。

また全日テレビのディレクターである神代(要潤)は、浜口死刑囚に弟を殺害された中延兄弟の陽一(結木滉星)と恭子(三倉茉奈)の元を訪れていた。

そして、二人に浜口死刑囚が殺害された時にどこで何をしていたかを尋ねると、恭子は陽一と二人で家に居たと答える。

それではアリバイになっていないと神代は言い、浜口死刑囚が殺害された事へのコメントを求めると、「嬉しい。ミスパンダには感謝している。ミスパンダがやっていなかったら、私達がやってた!」というコメントを引き出し、カメラで撮影していた。

 

一方、直輝は浜口死刑囚に殺害された中延弟のお墓参りをしていた。

すると、中延兄の陽一と姉の恭子が現われる。

直輝は二人にその節はどうも!と声を掛けるも、陽一と恭子は顔を見合わせて「何か?」との返答。

二人は知らないフリをしていると感じた直輝は、「昨日人を殺しましたよね?」とダイレクトに聞き、陽一の左肩をポンと叩くと、二人の組み手が始まる。

直輝はそして相手の左腕にキックをするも、その陽一の反応には痛めている素振りはなかった。

あのニセ飼育員と組み手をした時に、左腕にダメージを負わせた筈だったので、この陽一の反応に不可思議な表情の直輝

すると警察が追ってきたので、逃げ去る直輝。

 

そんな折、ミスパンダが逮捕されたというニュース報道があった。

神代からの電話で、中延兄弟が逮捕された事を知る直輝。

しかし、中延兄弟は自分の顔を知らなかったし、左腕もケガしていなかった事から、中延兄弟はシロなのにクロにされてはめられているのではと直輝は話す。

そして神代から情報がもたらされる。

岩城啓太という元警察官で、7年前の爆破事件の陣頭指揮を執っていた警視庁捜査一課長の山野辺の元で捜査にあたっていた。

そして捜査後に辞職し、その後自宅付近の廃工場で服毒自殺したという事だった。

岩城は警察官になる前は化学薬品メーカーに勤務していた。

 

レンはいつもの様に喫茶店GOBANに出勤すると、佳恵(椿鬼奴)から呼ばれた。

そしてタマネギの切り方からデミグラスソースの作り方を教わり、子供の居ない佳恵と春男(升毅)にゆくゆくは店を継いでほしいと…

春男からは、囲碁で日本一を目指すべくみっちり教えて行くから頑張れ!と叱咤される。

 

それから、直輝は喫茶店GOBANにいるレンにちゃんと話がしたいと会いに来た。

直輝と出会えて前向きになれて良かったと感謝を伝え、さようなら!とお別れの挨拶をするレン。

その言葉に直輝はさよなら!と返答し、コーヒーにミルクを注ぎ始める…

それを見たレンは目がうつろになって、ミスパンダへと変容するのだった。

 

するとミスパンダチャンネルが始まり、佐島源造法務大臣がゴリラのマスクをかぶせられて動画に登場していた。

1時間以内に笹と選挙権が貰えなかったら、やっちゃうかも!と宣言するミスパンダ。

そして被せていたマスクを取ると、本物の佐島法務大臣だった。

そこに、警視庁捜査一課の三津谷と坂下が銃を構えて現場に踏み込んできた。

それ以上近づくと!と言うレンは、突き刺したおでんのこんにゃくを落としたのが合図で、三津谷と坂下を捕獲することに成功した。

途中中断から再開されると、三津谷と坂下もイスに縛られて「パンダクイズ」を受ける事に…

そのクイズを通して、浜口死刑囚は本当は無実であるとか、その浜口死刑囚への犯行に使われたナイフをミスパンダが持ってると三津谷と坂下が知っていたという事が明るみになってしまった。

そうしてミスパンダはその現場を去ろうとすると、佐島法務大臣は「久しぶりだな!パンダに会うのは」と声を掛けるが、ミスパンダは首をかしげる。

 

このライブ動画の後、岩城啓太の母親を取材した神代のスクープが世間を騒然とさせていた。

岩城は7年前の爆破事件は自分が行ったという遺書を残して自殺したが、その遺書は上司にもみ消されたというものだった。

SNSやネットでも警察への批判や非難が相次いでいる。

今回の中延兄弟の誤認逮捕や警視庁捜査一課の二人の警官の事件の関与への疑いの声が上がっている中、警視庁捜査一課長の山野辺龍彦(高橋ジョージ)が自室に戻る。

するとそこには佐島源造法務大臣が椅子に座っていた。

佐島は浜口死刑囚への犯行に使われた血の付いたナイフをナイロンに入れて持ってきていた。

検察にこのナイフを持って行くと山野辺に言うも、コアラ男の事件の件で警察を敵には回せない筈だ!と逆に言われてしまう佐島

そして佐島は山野辺にも警察にも8年前の恩があるという事で、そのナイフを山野辺に預けてしまう。

世の中にはグレーじゃないといけない事もある…

そう言って、佐島は部屋を後にした。

 

現場を脱出した直輝は駆け寄り、座っているミスパンダの頭を撫でて、帰ろう!と声を掛ける。

立ち上がったミスパンダは記憶喪失にかかった様に、直輝の事を忘れていた。

そして、何故ここに居るのかも。

君の名は?と直輝の質問にミスパンダは…

川田リコと答えたのだった。

~シロでもクロでもない世界でパンダは笑う6話のネタバレ おわり~

スポンサーリンク

シロでもクロでもない世界でパンダは笑う6話の感想

シロでもクロでもない世界でパンダは笑うの6話も多くの展開がありました。

佐島法務大臣は、ラストで世の中にはグレーじゃないといけない事もある…

と言って去って行きます。

前話くらいからちょっとクロっぽいなと個人的には思っていましたが、かなりクロに近いグレーなのかなと思います。

警視庁捜査一課の山野辺課長とは、コアラ男の事件で世話になったと言っていますので、何かしらの交換条件があるのでしょう。

世話になったというよりも、負い目があるので、今回も証拠物のナイフを検察に持っていくのをやめています。

恐らくこの証拠物はうやむやにされて、警察の関与も無かった事にされるのでしょう。

では、どんな負い目なのですかね?

コアラ男として、新たな登場人物が出てくるのか、またはこれまでの登場人物の中にコアラ男がいるのか?

そして、佐島大臣がミスパンダに会った時に、「久しぶりだな!パンダに会うのは」と言っています。

パンダに会うのは久しぶり。

リコに会うのは、またはレンに会うのは久しぶりではなく、パンダと言っています。

という事は、ミスパンダは過去にもう一人居たという事ではないでしょうか?

だとすれば、以前に居たもう一人のパンダは誰なのか?

久しぶりと佐島大臣は言っているので、結構前でしょうね!

しかも女性で…

個人的には、東山楓がもう一人のミスパンダだったのでは?

というのも、中学校のいじめ問題の回の事で東山楓がテレビのインタビューに答えているシーンで、佐島が似なくていい所まで似てきた!と言って笑っていましたので。

ならば、その東山楓を操っていた「飼育員さん」は誰なのか?

ここは勘ですが、喫茶店GOBANの店主である加賀春男ではないかと?

そうすると、コアラ男はあずさの兄・一郎しかいないのですが…

まぁ、新しい出演者が出てくるのかもですが…

次回のシロでもクロでもない世界でパンダは笑うで、新たな情報があるかもしれませんね!

次話のシロクロも注目していきたいと思います。



スポンサーリンク