ゆるキャン

ゆるキャン△ドラマ第3話のあらすじネタバレや感想まとめ

fujisan-camp3

スポンサーリンク


fujisan-camp3

ゆるキャン△ドラマ第3話終わりました。

やるやかな雰囲気で進む、ゆるキャン△で癒やされると話題のドラマで今回も癒やされました♡

気になるゆるキャン△ドラマ第3話のあらすじネタバレはどんな感じなのでしょうか。

今回もゆるキャン△ドラマ第3話のあらすじネタバレや感想をまとめてみました。



ゆるキャン△ドラマ第3話のあらすじネタバレ

~ゆるキャン△ドラマ第3話のあらすじネタバレ はじまり~

富士山の麓の「ふもとっぱらキャンプ場」で、リン(福原遥)はソロキャンプをしていた。

閑散期なので空きまくりで、ゆっくりとキャンプを楽しむリン。

手際よくテントを設営し、作ったイスに座って せんべいを焼いて味わう。

麓という事で富士山が間近に見え、至福のひとときを過ごすリン

そしてリンは、なでしこ (大原優乃) が図書室に居たリンに野外活動サークル(野クル)で一緒にキャンプしよう!と誘いに来た時の事を思い出していた。

元々リンは人間関係が不得手な性格で、また野クルに入る事で一人キャンプの時間が脅かされるのではないかという思いもあり、なでしこのお誘いに反射的につい嫌な顔をしてしまったのだ。それはなでしこ本人に向けられたものではなかったのだが…

リンは自分が嫌な顔をしてしまった事を思い出し、後悔していると急に声が聞こえて来た。

「リンちゃーん」

聞きなじみのあるその声は、 なでしこ (大原優乃)  だった。

いきなりのお出ましに、驚いてイスごとひっくり返るリン!

なでしこは鍋を持ちながら言う、「今からお鍋しよ!」

なでしこがリンに初めて出会った時に、なでしこがお腹を空かせたのを見かねてリンが御馳走したのはカレーラーメンだった。

その一部は同夜に来たなでしこのお姉さん・各務原桜(柳ゆり菜)からキウイとして返ってはきたが、更にお返しとばかりになでしこは担々餃子鍋をせっせとリンに作るのだった。

今回はその「キウイのお姉さん」に車で連れてきて貰ったというなでしこ。

更に、テントがないので車で寝ると言い、そうなるとちゃんとしたキャンプではないのかな?と悩みつつ、くしゃみをするなでしこ。

それを見て体に張るカイロを好きなだけ使ってと渡すリン。

そうしていると、ついに坦々餃子鍋が完成した。

そしてある程度鍋を堪能してからリンは、図書室でなでしこに野外活動サークルに誘って貰ったのに嫌な顔をしてしまった事を謝る。

当のなでしこは全く気に留めてもなく、「テンション上がりすぎて、無理に誘ってごめんね!」と逆に謝って来た。

それどころか、更にリンに「まったりお鍋キャンプまたやろうね!」と誘って来て

「気が向いたらみんなキャンプしよう!と笑顔で返すのだった♡

それから夜になって、なでしこはお姉さんと一緒に車で寝ていた。

早朝5時40分のスマホのアラームで起きた姉に起こされ、眠気まなこのなでしこ。

リンのテントに行ってみると、リンはまだ寝ている様子。

なでしこはイスに腰掛け、富士山を見つめていると、徐々に夜が明けて周囲は明るくなって…

いよいよ目覚めたリンの横に居たのは…

何故か、なでしこだった!(笑)

その様子をそっと見守り、再度寝袋に入って眠るリン。

学校の野外活動サークルの部屋でなでしこは、あおい(箭内夢菜)や千明(田辺桃子)らに富士山の日の出の写真や美味しかったアイスの写真を見せて喜んでいる。

その頃図書室に居たリンは、スマホに撮っていたキャンプの写真を眺めていた。

かわいい犬の写真や美味しかった餃子鍋、そしてなでしこ姉がテントで寝てるなでしこの目の上に辛子明太子のコンビニおにぎりを載せて共に写った写真を見て、自然と思い出し笑いをしてしまうリンだった。

その様子を斉藤恵那(志田彩良)が横から見ていて、キャンプの感想をリンにたずねる。

「お前のさしがねだろ?」と返すリンに

斉藤「まあねぇ~」と答えたあと、何故リンは冬しかキャンプしないのか、冬のキャンプは何が良いのかその理由を聞いてきた。

「虫がいない、汗かかない、他のキャンパーが少ないから静か、たき火と温泉が気持ちいい、空気が澄んでるから遠くまで綺麗に見える。あと汁物が旨い、鍋とか!」と答えるリン。

今週はバイトなので、来週は長野に行く予定と斉藤に伝えるリン。

そうして下校途中に長野の方角を見て、長野はもっと寒く、そして熊🐻が出るって話を思い出してちょっと不安になってきた頃合いに、なでしこからキャンプの富士山と朝日となでしこと共に写った写真が届く。

「気が向いたら、みんなでキャンプしよ!」というなでしこの言葉を思い出し

「気が向いたらな~」と独り言のように言ったリンは、今度は嫌な顔ではなく笑顔で、そのなでしこから送られて来た写真に微笑み返すのだった。

~ゆるキャン△ドラマ第3話のあらすじネタバレ おわり~

スポンサーリンク

ゆるキャン△ドラマ第3話の感想

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

#Repost @haruka.f.official with @get_repost ・・・ . 本日、深夜1時に テレビ東京系ドラマ「#ゆるキャン△ 」 第3話が放送されます☺︎ なでしことリンのやり取りが愛くるしくて、 思わず微笑んじゃうくらい、 心温まりながら過ごしていました。 今夜も是非観てください! キャンプリハの時のオフショット。 クランクイン前からゆるキャンの空気感が出来上がってて嬉しかったなぁ。 素敵なメンバーに出会えました♡

ゆるキャン△ドラマ👉テレ東1/9木曜深夜1時~(@yurucamp_drama)がシェアした投稿 –

 

ゆるキャン△ドラマ第3話も、良い意味でゆるくて癒やされました♡

巷には警察ドラマや医療ドラマが溢れていてディープな話が多い中、こういうゆるくて、アウトドアで、敵が出てこない平和なドラマが殆どないので、リンとなでしこのゆっくり進む天界的世界に浄化されました。

ありがとうございました。

また嫌な顔をした事をリンがなでしこに謝って、それを覚えていないというなでしこの天真爛漫さに、ちょっと笑ってしまいました(笑)

ホント、なでしこはカワイイキャラですね!

またこのドラマ ゆるキャン△ では、リンはソロ活動好きで、みんなと仲間になってグループで行動というものには難色を示します。

勿論、一人の方がゆっくりキャンプを楽しめて、ソロキャンプの楽しみを脅かされないという思いもあるでしょうが、なでしこという友達も出来て徐々にみんなで行動する事に目を開いて行く様子が3話では描かれていました。

でも決して無理は禁物。

「気が向いたら」で良いんです。

そう言われる事で、みんなでキャンプする事の敷居が下がって、リンはゆっくりと仲間に参加していき、悪い意味での「my world」を卒業出来るのではないかと感じました。

以上いろいろ書きましたが、要約すると…

ゆるキャン△3話も面白かった!という事です、ハイ。

ゆるキャン△3話、分かってはいましたが、坦々餃子鍋食べたい(涙)

ではでは!



スポンサーリンク