ゆるキャン

ゆるキャン△ドラマ7話のあらすじネタバレや感想まとめ

fujisan-yurucamp7

スポンサーリンク


fujisan-yurucamp7

ゆるキャンドラマ7話の放送がありました。

7話も深夜のキャンプ飯にはやられましたが、結果癒やされました!

気になるあらすじネタバレはどうだったのでしょうか?

ゆるキャン△ドラマ7話のあらすじネタバレや感想についてまとめてみました。



ゆるキャン△ドラマ7話のあらすじネタバレ

~ゆるキャン△ドラマ7話のあらすじネタバレ はじまり~

学校のいつもの図書室で、しまリン(福原遥)はキャンプの新しいアイテム「コンパクトたき火グリル」を眺めながら、前に居る各務原なでしこ(大原優乃)に言う。

「これで、肉焼いてみない?」

大ノリで反応するなでしこと共に、二人は山梨にある四尾連湖(しびれこ)にキャンプにやって来ていた。

キャンプ道具を運びながら、このキャンプ場にある怖い言い伝えについて話す二人。

なんでも、牛鬼というお化けが出るというのだ。

今日のキャンプ場には、殆ど人が居なくて、牛鬼お化けが出放題なのでは?と怯えるなでしこ。

そこで、しまリンは「丑三つ時より前に寝ればいい!」とアドバイスすると、めちゃくちゃ納得してハイテンションになるなでしこだった。

 

それから二人は、湖畔の近い所にお互い一つずつテントを張る。

テントの間に厚めのレジャーシートを敷いてフリースブランケットを纏い、準備万端ななでしこ

ひと段落して二人は、午後の夕日が湖畔に反射する美しい煌めきを眺めながらホットココアを味わう。

至福のひと時を過ごす二人。

するとなでしこは、しまリンがいつからそんなにキャンプ好きになったかを聞いてみる。

リンにキャンプ好きなおじいちゃんが居て、その影響で中1からキャンプをやり始めたという事だった。

するとなでしこは、「人生のきっかけは、大体何となくじゃよ!」と何故かいきなりステーキ、じゃなくていきなり「田舎のおばあちゃん」言葉になって…

…写真をちょっと撮ってきたいと言って、嬉しそうに飛び跳ねながら行ってしまった!

しまリンはというと、明るい内に火をおこしておこうと新しい着火剤を取り出して準備する。

なでしこは鼻歌を歌いながら、キャンプ場の各所を写真に収めて回る。

すると、とあるテントに大人な女子二人がキャンプしてるのを発見する。

ベテランキャンパーさんですか?」といきなり聞いてしまうなでしこ(笑)

この二人は姉妹で、姉の美波(土村芳)と妹の涼子(北原帆夏)だった。

そして写真撮って良いかどうかの許可を貰い、おしゃれ料理やおしゃれ薪ストーブ(?)らしき各アイテムを次々写真に収めるのだった。

その頃のしまリンは、火をおこすのを失敗して悲嘆に暮れて居た。

その様子を見たなでしこは、ちょっと待ってて!と「ベテランキャンパーさん」妹を呼んできた。

備長炭は普通の炭より火が付きにくいと言った妹の涼子も、ちょっと待ってて!と言った後、成形炭を持って戻って来た。

二人は中学生?と聞かれて、「そうです!」と返すなでしこ。

ライターでもすぐ火が付くので、成形炭は良い感じで燃えて行き、妹の涼子は帰って行った。

 

そうしてなでしこは夕食に、昆布出しのつゆに、にんじん、白菜、長ネギ、豆腐と塩付けの鱈を入れたスープという鍋を作る。

するとコンパクトたき火グリルで焼いていた豚串がファイヤーしていた。

すんでの所で取り上げて、事なきを得る。

まだ夕食にはちょっと早いが、だいぶ寒くなってきた。

なでしこが持ってきたフリースブランケットで全身纏い、秘密結社ブランケットを結成する二人。

そうしていると、なでしこの「スープという鍋」が良い感じで出来上がり、しまリンの豚串もいい感じで焼き上がった。

 

早速食べようとするなでしこを遮ってしまリンは、先ほどのベテランキャンパーさんの所にお裾分けを持って行く。

するとその返しに、めちゃ旨そうなジャンバラヤを良かったら持ってってと言われる。

「うまぁ~!」とイスに座っていた「グビ姉」が叫んで…

なでしこのスープ鍋を味わいながら、「鍋にはハイボールが合うんじゃよ!」と結構出来上がってる感じで仰るのだった。

 

テントに戻った二人は、しまリンの豚串やジャンバラヤ、そしてなでしこのスープ鍋をたっぷりと堪能する。

そしてしまリンは、豚串を串から外して麦めしの上に広げ、豚串麦飯を完成させる!

その旨さに、旨すぎる!と満面の笑みをたたえるしまリン。

そして同じくなでしこも、パクパクと掻き込み、旨さに驚嘆の声を上げる。

 

それから夜の帳が降りて、すっかり辺りは暗くなる。

たき火に手をかざして暖めるなでしことしまリン。

リンはなでしこに山梨に来る前はどこに住んでたか尋ねる。

なでしこは浜松の浜名湖の近くの町と言い、天気が良いと小さいけど富士山が見えたと答えた。

なでしこは、でっかい富士山を見たいが為に本栖湖まで自転車で来ていたのだった。

それは途中の清水とかでも大きい富士山は見えた筈だったが、なでしこは車で寝ていたので見えなかったと言う。

なでしこが山梨に来るときに寝ないで富士山を見ていたら、本栖湖までなでしこは来てなかったかも知れないと思うしまリン。

 

それからいよいよ寝る時間帯になる。

なでしこは噂があった牛のお化けが怖くなって、しまリンのテントにやって来て一緒に寝て欲しいとお願いするだが、速攻で拒否される

やはりお互い一人ずつテントで寝る事になって、しまリンは隣のテントで眠るなでしこに声を掛ける。

「キャンプに誘ってくれてありがとう!今度は私から誘う!」

ウンと頷いたなでしこは、おやすみ!と返して、二人は眠りについた。

 

それから深夜になって、しまリンは一人トイレに起きる。

ランタンを頼りにキャンプ場のトイレに行き、テントまで戻ろうとしていた。

すると真っ暗な闇夜の中で満月が出ていて…

満月は月光を煌々と湖面に降ろし、湖面に光の帯を作っているのを見たリンはその美しさに暫く見とれてしまう。

すると背後からうめき声の様な声が聞こえてきて…

ランタンをかざすと、そこには何か立っている気配を感じ…

四尾連湖にまことしやかに言われている牛のお化けの事を思い出し、リンは絶叫して逃げ去ってしまう。

実はそこに居たのはグビ姉で、飲み過ぎてちょっと吐いていただけだったのだが…(笑)

 

朝になって、なでしこがふと目を覚ますと、隣にはしまリンが寝袋で寝ていた!

その寝姿を見たなでしこは、微笑みながら再び眠りに付いて、寝袋ごとリンに体を寄せるのだった。

~ゆるキャン△ドラマ7話のあらすじネタバレ おわり~

スポンサーリンク

ゆるキャン△ドラマ7話の感想

ゆるキャン△ドラマ7話も安定の癒やしでした!

今回の7話もいろいろ心に残った事がありまして…

例えば、なでしこが言った言葉「人生のきっかけは、大体何となくじゃよ!」という言葉と

なでしこが山梨に来るときに寝ないで富士山を見ていたら、本栖湖までなでしこは来てなかったかも知れないというしまリンの心の声です。

もし、なでしこが静岡から引っ越しで山梨に行く際に、車で寝ないで富士山を見ていたら、本栖湖まで自転車で富士山を見には行っていないでしょう。

なので、なでしことしまリンは本栖湖で出会わなかったでしょうし、同じ高校とはいえ、友達にはならなかったでしょうね!

なでしこが車で寝てしまったから、二人は友達となって、今キャンプを一緒にやっている。

正に人生のきっかけは、ちょっとした事で展開するという事を感じましたし、このゆるキャン△ドラマとしてのメッセージなのではないでしょうか?

ただのキャンプドラマなら、なでしこのその言葉のくだりは不要だったと思いますし…

こうしてしまリンは、ソロキャンパーから、みんなでのキャンプに脱皮していくのだろうと思います。

まぁ、ソロキャンプはソロキャンプで良い所あるとは思いますが…

しまリンは、こうやって仲間を見つけて、一人の殻を破って大人になっていく!

そのきっかけは、なでしこが車で寝てしまったから!

しまリンとなでしこは、そういう意味では縁があったのでしょうね!

そして7話ラストで、二人は寝袋を並べて寝ていました。

友情っていいですね!

この頃でしか経験出来ない、正に青春。

あの頃には二度と戻れないから、一瞬で一度限りの今を大切に生きようと、ちょっと思いました。

ゆるキャン△の次話も期待して待ちたいと思います!!



スポンサーリンク